緩和医療のまなざし

皆さんは「緩和医療」という言葉をご存知でしょうか。

昨今、テレビニュースなどでも取り上げられていますので耳にした事があるのではないでしょうか。

これは、余命が迫っている疾患に伴う苦痛に対して改善をしていくという医療なのです。

患者本人はもちろんですが、その家族などに対しても行われるケースが一般的です。

ここで言う疾患についてですが、余命が3ヶ月以内であることと、更にはその疾患に対しての直接的治療方法が無い場合に持ちいられる事が多いようです。

例えばガンなどの苦痛など。

手術も不可能で回復の手立てがないなどと言う場合にこの緩和医療が用いられるのです。

具体的な方法は、先ずは痛みなどを取り除く処置です。

疾患によっては、大きな痛みに耐えなければならない事もありますよね。

こうした痛みを極力取り除くというわけです。

それによって、残された生命をより充実し・穏やかに過ごすということが目的とされています。

先のように穏やかに過ごすと考えた時、身体的苦痛ばかりではなく精神的な苦痛においても取り除くことが求められるかと思います。

もちろん、緩和医療においては精神的なケアというものも実施しています。

自然に死を受け入れる・1日1日を心を落ち着けて過ごす事が出来るような時間を増やすような対処をするのです。

家族にとっても余命いくばくも無いという現実は重く悲しく苦しいことです。

ですから、こうした緩和ケアを家族にも行うことによって共に過ごす時間を少しでも温かなものにするようにという意味合いもあるのです。

緩和ケアにシフトする時、慎重な診断や判断というものが求められますが、WHO(世界保健機構)などで判断基準について定められておりますので、基本的にはそれにのっとった形で進めていくことが多いかと思います。

患者・家族の苦痛を取り除き、生活の質を向上させること・人としての生活をより穏やかに過ごせるようにと定められたのが、この緩和医療と言っても過言では無いでしょう。

 

 

緩和ケアの目的とは

緩和医療の定義というものは、2002年に世界保健機構(WHO)にて正式に定められました。

生命を脅かす疾患による問題に大使、痛みや身体・心理的・社会的問題を早期に発見し的確な評価と処置を行うこととされています。

これは、苦痛を和らげることはもちろんですが「予防をする」という点でも定義の1つとなっているのです。

予測できる痛みを予防し、少しでも穏やかな時間を多く過ごせるように行うのが緩和医療の目的でもあるのです。

これは、患者本人ばかりではなく家族の精神的な問題に対しても用いるということも同時に定められています。

こうして苦痛を予防したり和らげたりすることで、QOL(クオリティ・オブ・ライフ、人生生活の質)というものを改善する行為に繋がっていくのです。

進行型の疾患の場合、それに伴って痛みも増すという事もあります。

そうしたものを取り除いていくわけです。

あくまで「緩和」という事ですので、直接的に疾患が回復することは目的としていません。

回復することが不可能である・余命予測がつくという場合にこの緩和ケアという方法が用いられるのです。

ですから、急性疾患などに対してはこれを用いられないことも多々あるでしょう。

この緩和ケアですが、医療技術者と患者・家族側双方の同意が大切となってきます。

事前に医師からの説明などがなされることもあるでしょう。

また、患者本人もしくは家族からの希望ということで緩和ケアにシフトするという事もあるのです。

 

 

苦痛を取り巻く医療の中で

緩和医療というものは、実際にどのような影響があるのでしょうか。

いくつかあげながら考えて行きたいと思います。

先ずは痛みや疾患に伴う様々な苦痛な症状から解放をすることです。

限りある時間を出来れば穏やかに過ごしたい・過ごしてもらいたいと願う人も多いでしょう。

ですから、このような痛みに対する緩和を行うことによって、少しでも穏やかに過ごせる時間が増えるというわけです。

痛みなどを感じたときに直ぐに処置をするという方法もありますが、予測出来る痛みに対しては「予防をする」という観点からも緩和医療を用いることもあります。

また、疾患の早い段階において適用されるケースもあります。

例えば、延命を目指している治療を行っているときであっても、それに加えて行って良いとされているのです。

治療に対する苦痛などにおいてもこの緩和医療が用いられるという事もあるのです。

こうした緩和医療が、疾患の過程において良い影響をもたらすということもあるのです。

それは、身体的側面にも言えることですが、精神的な側面においても言えることなのです。

今では、多くの医療機関においてこの緩和医療というものを実施しているかと思います。

患者本人の負担と言う意味でも軽減させてくれる医療手段ですし、患者家族に対してもケアを行うかと思いますので、現状に対する適応・精神的安定などをもたらすことも可能なのです。

この緩和医療は、死の時期を延ばしたり早めたりしないということもまた大きなポイントとなります。

 

ジェネリックで開発されたお薬がご自宅へスピィーディーに届く!

バイアグラジェネリック通販
効き目がバツグン!と称される話題のバイアグラジェネリックを¥1,380~販売しております。